ネクタイを購入する時のポイント

  • 様々なネクタイの柄と色

    • 会社員の男性は毎日スーツで出勤するという人は多いですが、男性のスーツは女性もののように形にバリエーションがないので、なかなか人と違ったオシャレが難しいです。

      なので、男性のスーツにおいてオシャレに差を付けられるポイントと言えばネクタイです。

      では、ネクタイにはどんな柄や色があって、それぞれどんな印象を演出できるのでしょうか。
      まず、ネクタイの定番がらと言えば無地です。
      無地は見た目からも分かる通りシンプルなデザインなので基本的にはどんなスーツやシャツにも合わせることが可能です。


      また、襟元がシンプルにまとまる無地はすっきりとした印象を演出できるので若い男性にもピッタリです。

      ネクタイの情報が欲しい方必見です

      色はブルーのシャツにネイビーを合わせると落ち着いた大人な雰囲気を演出できます。



      最低でもネイビーやレッドぐらいは持っておいた方が良いでしょう。

      次に無地に並び定番とされる柄がストライプです。

      ストライプも様々なスーツやシャツに合わせやすく、それでいてバリエーションも豊富なので飽きがこないオシャレを楽しめます。
      フレッシュ感が強いので入社したての若い男性に好まれる傾向がありますが、知的な印象にもしてくれるので重要な会議や商談の際に使うもの良いでしょう。



      ちなみにストライプの幅は細い方がビジネス向きで、太いとカジュアルな印象になるのでシーンに合わせて選んでください。
      この他にも日本の着物に良く使われる柄の1種である小紋柄は柄が規則的に並んだものから不規則に並んだもの、柄の大小様々なので選び方も幅が広いです。

      さらには定番のドット柄は季節を問わず楽しめるし、近年はペイズリー柄も流行しているので、様々な柄と色で他の人と差をつけてみてはいかがですか。


top