実は種類が豊富なネクタイ - ネクタイを購入する時のポイント

ネクタイを購入する時のポイント

  • 実は種類が豊富なネクタイ

    • 男性のスーツは女性物のようにデザインやシルエットのバリエーションが少ないので、どうしても周りと同じ印象になりがちです。

      ネクタイの詳細情報となります。

      そんなシンプルな男性のスーツで周りと差を付けるのであればネクタイ選びは非常に重要ですが、そもそもネクタイにはどのような種類があるのでしょうか。
      まず、ネクタイと一言で言っても種類は様々で大きく分けると3種類に分けることができます。
      最も定番の種類はダービータイです。剣先が三角形に尖っていて結びが下型のものを指します。



      そのダービータイの中でも大剣の幅によってさらに3種類に分類できます。

      レギュラータイは大剣の幅が7cmから9cmのもので、ビジネスシーンからカジュアルシーンまで幅広く使えます。

      次に大剣の幅が4cmから6cmのナロータイはカジュアルシーンや結婚式で使われることが多いですが、近年は若い男性がビジネスシーンでも使うことが増えてきました。最後に大剣の幅が10cm以上のワイドタイですが、これは近年はあまり使うことがなく、基本的にはレギュラータイを選ぶのが良いでしょう。


      残りの2種類はニットタイとボウタイで、ボウタイとはいわゆる蝶ネクタイです。
      ニットタイはフォーマルなシーンで使うことはできませんが、カジュアルな場面では着こなしの幅を広げることができます。



      ボウタイは本来は夜の礼装用ですが、近年はカジュアルシーンでも使われるようになりました。
      ただし、言うまでもありませんがビジネスシーンで使うことはありません。このように一言でネクタイと言っても種類は様々で種類によって周囲に与える印象を変えることができるので、自分が演出したい雰囲気に合わせて選びましょう。

top